| mtp_地盤調査
top

 

計画地の地盤の状態を確認します。

1119a

 

これは地盤検索サイトで出てくる簡易な地盤レポートです。

これを見ると地盤の状態は比較的良さそうで液状化の可能性もありません。

 

1119b

これは長久手市内の別の敷地で行った実際の地盤データです。

このときの敷地は盛り土が2〜3m程度されており、その下に支持地盤があると予想していましたが

 

地盤データを見ると

地表面から3m以深にN値20以上の強固な凝固シルト層が出てきましたのでその層までの間を表層改良して木造2階建の建物を支持地盤を形成しました。

 

ちなみにこの地盤調査で7〜10万円

さらに地盤改良が必要であれば

「表層改良」なら30〜50万円

「柱状改良」なら50〜80万円

 

液状化対策が必要な場所で地盤改良するなら以前「コロンブス工法」を用いて170万円かかりました。

 

建築を計画する以前にこうした見えなくて必要な費用がかかってきますので、敷地を選ぶ際は慎重に行わないと意外なところで予算オーバーとなってしまいます。

 

今回は鉄筋コンクリート造ですので同じ地盤でも「柱状改良」が必要かと思われます。

現時点で

地盤調査で10万円

柱状改良で80万円の合計90万円がかかりますがあくまで建築工事費用として2000万円を目指したいと思います。

 



2016年11月20日



       |       

 
 
 
 
 
 
 
 
-update-

2021年04月22日
2021年03月15日
2021年03月08日
2021年03月05日
2021年03月01日