| 190620_断熱吹付
top

 

 

断熱が吹き付けられ、現場はモコモコになっています。

 

 

今日はこの断熱の施工状況の確認です。

 

 

 

壁断熱は75mmの厚みの指定ですので「柱105-断熱75=30mm」

 

 

30mm以上の空きができていないか。がチェックのポイントです。

 

 

全体を隈なくチェックしましたが、今回不備のある箇所はありませんでした。

 

 

吹付断熱なので、厚みのコントロールが難しく、105mmいっぱいの厚みになっている箇所がほとんどです。

 

 

 

 

基礎断熱もばっちり入っています。

 

高基礎なのでかなり空間が大きく、住み始めてから収納として活躍しそうですね。

 

 

 

外部では外壁下の防水紙の施工も進められています。

 

 

防水紙は建物の防水性能上とても大事な役割を担っているので、紙の重なり代がきちんと確保できているかをチェックします。

 

 

この防水紙の重なり代は90mmと指定されていますが、100mmの重なりが確保できていますので合格です。

 

 

 

本日のキッチン打ち合わせありがとうございました。

 

 

新たな天板サンプルが届き次第、検討とご連絡をお願いします。

 

 

 

 



2019年6月20日



       |       

 
 
 
 
 
 
 
 
-update-

2021年09月14日
2021年08月17日
2021年08月10日
2021年08月04日
2021年06月18日