| 190710_外壁防水下地
top

 

 

 

本日は現場打ち合わせ、外壁材の選別ありがとうございました!

 

 

外壁材は見て頂いたように安定した柄で一安心ですね。一応見ておいて良かったです。

建物の顔になる部分ですので、確認しておかないと僕が落ち着いて寝られないので。。笑

 

 

あとは職人さんの腕に任せましょう!

 

 

 

さて、意匠の部分も大事ですが

 

 

本日は外壁下地の防水処理のチェックです。

 

 

上の写真はレンジフードのダクトを外部へ出す穴の処理。防水テープの張り方が重要ですが、とても適切に処理できています。

 

下から上にテープの重ねる順番が大事です。

 

 

 

 

 

北面の裏側はコストダウンの外壁材がこの上に施工されます。

 

 

ここも防水シートの重ね代の確認。

 

 

 

防水シートは10cm重ねることが定められています。

 

 

ここも適切に施工がされています。

 

 

 

 

 

いよいよ外壁の下地ができると仕上げ材が張られていきます。

 

 

ここからの変化が大きいのでお楽しみに。

 

 

 

 

 



2019年7月10日



       |       

 
 
 
 
 
 
 
 
-update-

2021年09月14日
2021年08月17日
2021年08月10日
2021年08月04日
2021年06月18日