| 171013_ボリューム検討
top

ボリュームの検討。

 

現況の空いている敷地スペースで要望を満たす規模を考えると

駐車場やサービス動線を確保していくと約120平米の建物面積が残る。

一般住宅規模の大きさで、この規模で要望を満たす施設の検討が難しい。

施設の構成を考えても平屋での計画が望ましく、イレギュラーではあるが現況の建物が建っている敷地も使用しての検討が必要。

 



2017年10月14日



       |       

 
 
 
 
 
 
 
 
-update-

2022年05月19日
2022年04月28日
2022年04月22日
2022年04月20日
2022年04月18日